since2008. 2017年からはtorimiki.comにUPしたBLOG, NEW RELEASE & BAND情報を時間差で時系列順にアーカイヴしています

2019年8月18日日曜日

10/12より世田谷文学館で「小松左京展-D計画-」開催

生賴範義《小松左京氏肖像》(「小松左京マガジン」第29巻表紙画)2008年
10月12日より 世田谷文学館で「小松左京展―D計画―」開催。ヤマザキマリ+とり・みきもちょっとお手伝いする予定です(リリースOKになったら詳細をお知らせします)。

また、「日本沈没」他、映画化、テレビドラマ化された小松左京作品の主題曲や関連曲をオーケストラで聴こうという「小松左京音楽会」の企画が起ち上がりました。現在、実現のためのクラウドファンディングが行われています。詳細はリンク先をご参照ください。


2019年8月10日土曜日

プリニウス第60回「ケシ」がくらげバンチで公開


くらげバンチで ヤマザキマリ+とり・みき『プリニウス』第60話「ケシ」が無料公開されました(発売中の「新潮」9月号掲載回は61話)。何巻かに渡り交互に描いてきたネロとプリニウスがコリントスでついに再会、狂気を帯びた皇帝と冷静な博物学者二人きりの大芝居です。

二人が会うのはコリントス中心部にあったアポロン神殿で、遺跡が現存するギリシャ神殿では最も古いものの一つです(実は一カ所掲載後に気づいた絵のミスがあるのですが単行本発売時に直そう......)。

プリニウス第60回「ケシ」

2019年8月8日木曜日

プリニウス第61回「ギムナシウム」

「新潮」9月号発売されました。ヤマザキマリ+とり・みき『プリニウス』は第61回「ギムナシウム」。フェリクスはひょんな経緯からコリントスのギュムナシオンで格闘コーチを引き受けることに……。


フェリクスは「ギムナシウム」グラエキア人のエウクレスは「ギュムナシオン」といっていることに注意。ここでは青年男子が全裸でトレーニングを積みました。また学問の場でもありました。ドイツのギムナジウム(『11月のギムナジウム』!)やスポーツトレーニング施設の「ジム」の語源です。

そしてネロ留守中のローマ・黄金宮では太陽神に模した巨大なネロ像を建設中。


そういうわけで今回の『プリニウス』は時空を超えて『オリンピア・キュクロス』ともTOKYO2020とも微妙に繋がっております。


2019年8月2日金曜日

小林洋美さんの『モアイの白目』装画を担当しました

とり・みきがカバー&表紙イラスト、題字、本文章扉カットを担当した小林比呂美さんの『モアイの白目』(東京大学出版会)が8月28日に発売されます。


「目は人間のマナコなり」とおっしゃったのは岡八郎師匠ですが、皆さんは白目がヒトにだけあるって知ってましたか。私は実は川北紘一特技監督が『ゴジラvsビオランテ』でゴジラの白目を一度無くしたときに知りました。つまんない奴です。

本作では知性の表現として『猿の惑星』のリブート三部作のシーザーが、VFXで作っているにもかかわらず白目を持っていることに触れています。そうした馴染みやすいエピソードから引き込んで、いつのまにか目にまつわる最新の心理学や動物行動学を学べる仕組みになっています。ページをめくるたび目からウロコが何枚も剥がれ落ちました。

小林さんとは実はけっこう長いおつきあい。知り合いだと逆に何を描いたらいいか考えすぎてしまうものなのですが、今回はタイトルにインパクトがあるので、もうそのまんま描きました。イースター島のモアイは五歳のときに『海底軍艦』を見て以来(特撮映画ばかりですが)ずっと気になっている存在なので、こうして絵に残せてよかったです。題字も含め自分でも気に入っています。

2019年7月31日水曜日

日経夕刊「吹替映画の変遷史」最終回

「字幕の優位はなんといっても俳優の肉声が聴けるという点だろう。いっぽう吹替はセリフの情報量が原典に等しいという面で優れている」

日経夕刊 とり・みき「吹替映画の変遷史」本日で最終回です。駆け足でしたがお読みいただいた方々ありがとうございました。

いつか消えるかもわかりませんが、とりあえず全回分リンクを張っておきますね(※毎回のサブタイトルは編集部によるものです)

  • 1. 試行錯誤の時代 テレビが「声」の需要生む
  • 2. 声優の登場と専門職化 長尺物 本気の毎週放映
  • 3. 洋画番組の全盛時代 表現巧み 声優にも注目
  • 4. ソフトと映画専門局の台頭 吹替版が当たり前に

  • 5. 録音技術の進歩が促した変化 演技や翻訳、原典重視に

  • 近年がどうしても駆け足で、加えて時代は映画もネット配信の時代になりかけていますけれども、そこは総括するにはまだちょっと早いということで......現在の吹替映画をリアルタイムで楽しんでいる後進の若い書き手に、このあとはお任せします(拙文に批判的にでもいいので)。

    なお、自分は「愛好家」と名乗っているとおり、一視聴者かつユーザの吹替ファンに過ぎません。そういう立場と目線でまとめた吹替史でしたけれども、以下のサイトでは現場のプロデューサー・音響監督・声優事務所の方々の連載コラムを始め、インタビューや番組告知など貴重なインサイドからの情報満載です。吹替ファンの方はぜひ。

    吹替え専門サイト ふきカエル大作戦

  • 2019年7月29日月曜日

    文庫版『筒井漫画瀆本 壱』8/6発売


    実業之日本社『筒井漫画瀆本』が再編集の上文庫化されます。とり・みき『わが良き狼』収録の『筒井漫画瀆本 壱』は8/6発売。ただいま予約受付中です。カバーイラストはスーパーログさん。

    『壱』の他の参加作家は、相原コージ/吾妻ひでお/いしいひさいち/内田春菊/蛭子能収/加藤礼次朗/喜国雅彦/けらえいこ/三条友美/清水ミチコ/しりあがり寿/ふくやまけいこ/まつざきあけみ/南伸坊/矢萩貴子/山浦章(50音順敬称略)。巻末には筒井康隆さん自身が執筆した短編マンガ『アフリカの血』も特別収録されます。

    もともと単行本の1巻目には僕は『万延元年のラグビー』を描いて載せてもらったのですけれども、今回は諸事情により収録されず(「え〜なんで!?」と思われてる皆様、僕も同じくそう思っています)『筒井漫画瀆本ふたたび』に描いた『わが良き狼』を文庫版では壱巻目に持ってくることになりました。

    まあ、でも『瀆本』と『ふたたび』で続けて2本描かせてもらったのは僕だけだったので光栄至極なことでありました。いずれも素晴らしい描き手がそろう中、一人だけ特別扱いの感なきにしもあらずでしたので、この決定には納得しております。

    『万延元年のラグビー』は自分の短編集『ロボ道楽の逆襲』(イースト・プレス)に収録済みで電書化もされておりますので、未読で興味を持たれた方はそちらでお読みいただければ幸いです。

    ちなみに実業之日本社のサイトでもAmazon他の紹介でも『我が良き狼』になっていますが、正しいタイトル表記は『わが良き狼』(狼の読みは「ウルフ」)ですのでご注意ください。

    2019年7月24日水曜日

    日経夕刊「吹替映画の変遷史」第4回

    「断っておくが筆者はいわゆるタレント吹替をすべて否定するものではない。意外な抜擢の意外な好演に出くわすこともある......要は作品の大事な部分を活かす起用になっているかということだ」

    日経夕刊 とり・みき「吹替映画の変遷史」第4回。80年代〜90年代を振り返ります。

    2019年7月19日金曜日

    『フィルムメーカーズ ⑳大林宣彦』に寄稿

    7/19 樋口尚文さん責任編集の『フィルムメーカーズ ⑳大林宣彦』(宮帯出版社)が発売されました。
    とり・みきは『天国にいちばん近い島』のレビューを担当しております。『時をかける少女』担当は深町君こと現在はニッポン放送重役の高柳良一さん(角川書店編集者当時はとりの担当だったことも)『ねらわれた学園』は手塚眞さん……って、これは出てる奴に依頼したのか!?

    お二方はもちろん他の方の作品論も座談会もすべて読み応えがあります。最新作『海辺の映画館』(まだ出来上がっていないのでは……)のレビューまでなぜか載っている。

    少年チャンピオン50周年記念号


    発売中の「少年チャンピオン50周年記念号」にとり・みきも色紙とコメントを寄稿しております。

    2019年7月17日水曜日

    日経夕刊 「吹替映画の変遷史」第3回

    「原画ももちろん面白いのだが吹替もまた適材適所のオールスター......筆者の世代で『大脱走』ファンが多いのは原画よりむしろこの吹替版によるところが大きい」

    とり・みき「吹替映画の変遷史」第3回本日掲載です:日本経済新聞夕刊

    ☞第2回 長尺物 本気の毎週放映

    2019年7月12日金曜日

    プリニウス第59回「コリントス」がくらげバンチで公開


    『プリニウス』第59話「コリントス」がくらげバンチにて無料公開になりました。有名なウェスパシアヌスのあくび事件と、将軍コルブロへの自死勧告が描かれます。

    コルブロの処分に悩む皇帝

    2019年7月10日水曜日

    日経夕刊 「吹替映画の変遷史」第2回

    「『声優』という言葉......黎明期から活躍されてきたベテランの方々にうかがうと、この呼び方には最初は当惑、もっといえば反発を感じたと話される方が多い」

    本日の日経夕刊 とり・みき「吹替映画の変遷史」第2回目です。NHKの朝の連続ドラマ「なつぞら」ではちょうど吹替初期の様子が描かれている最中ですが、併せてこちらもお読みいただければ。

    ☞第1回 試行錯誤の時代 テレビが「声」の需要生む

    7/26 LiveWire小松左京追善トークに登壇します

    今月のEテレ「100分 de 名著」では小松左京スペシャルが放送中ですが、7月26日(金) に新宿のLiveWireで行われる「SFなんでも箱」スペシャル企画:小松左京命日追悼『沈没忌』~小松左京超濃厚トーク〜(長いね)に堺三保さん吉田隆一さんとともにとり・みきも登壇いたします。リンク先のページからふるってお申し込み下さい(当日参加も可)。

    当該ページのイラストはかつてとりが小松マガジン用に描いたもので、現在は小松左京ライブラリのロゴになっています。なお、残念ながらレギュラーの池澤春菜さんの出演は今回ありません。おじさんばかりで本当に申し訳ない。

    2019年7月5日金曜日

    プリニウス第60回「ケシ」


    「新潮」8月号はいつもより2日早く本日7/5発売です。ヤマザキマリ+とり・みき『プリニウス』は第60回「ケシ」。何巻かに渡って交互に描いてきたプリニウスとネロがコリントスでついに再会します。狂気を帯びた皇帝と冷静な博物学者ほぼ二人きりの大芝居をご堪能ください。ヤマザキさん描く刻々と変わるネロの表情が見所です。


    プリニウスとネロが会うのはコリントス中心部にあったアポローン神殿で、遺跡が現存するギリシャ神殿では最も古いものの一つです。といっても残っているのは土台と柱7本だけなので内部の描写は想像(やや盛り気味)ですけど......。

    アポローンは芸能の神であり太陽神ヘリオスとも習合されました。音楽を愛し、自分を太陽神と見なした巨大なコロッススを建設中のネロにとっては、まさに自分と一体化した神であり、その神像を背負うことでプリニウスを威圧すべくここを再会の場に選んだのでしょう。しかし、博物学者はロドス島で巨大太陽神の残骸=なれの果てを見てきたばかりだったのです。

    2019年7月3日水曜日

    日経夕刊で「吹替映画の変遷史」スタート

    7/3付の日経新聞夕刊でとり・みきの「吹替映画の変遷史」(毎週水曜5回連載)が始まりました。テレビ初吹替から現在の劇場日本語版まで、駆け足ですが吹替の通史をおさらいします。

    過去に書いたことと重なる部分もあるかと思いますが、こういう「通史」というのは時間を置いて繰り返し書いておくべき(読者の世代が入れ替わるので)と思い、あらためて。駆け足なので人名作品名は多くは入れられませんが、俯瞰して気づいた新見解なども加えてありますのでぜひお読みください。

    第1回  試行錯誤の時代 テレビが「声」の需要生む

    2019年7月1日月曜日

    新録版『 マッドマックス 怒りのデス・ロード 』上映イベントに登壇します

    マックス/宮内敦士、イモータン・ジョー/安原義人 フュリオサ/本田貴子によるザ・シネマ新録版『 マッドマックス 怒りのデス・ロード 』無料イベント上映(8/4)にとり・みきも登壇致します。詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。


    2019年6月26日水曜日

    くまもと文学・歴史館「梶尾真治の世界」

    7月18日よりくまもと文学・歴史館「梶尾真治の世界」の展示が始まります。チラシ・ポスターの似顔イラストをとり・みきが担当しました(梶尾さんのツイッターアイコンにも使っていただいております)。近隣の方はもちろん、県外の方も夏休みにお出かけになっては。夏の熊本はいいぞ(暑いけど)

    2019年6月25日火曜日

    リ・アルティジャーニ第19回


    本日6/25発売の「芸術新潮」7月号は萩尾望都大特集。

    「大」がつくのにふさわしい特集で、萩尾ファンならずともマンガファンなら必読、在庫がなくならないうちにマストバイでありましょう。詳しくはリンク先の7月号内容紹介をご参照ください。



    ヤマザキマリ+とり・みきの『リ・アルティジャーニ』は第19回。ジョヴァンニ・ベッリーニはヴェネツィアで新しい画材(油彩)や新しい技法と格闘、パドヴァ派との交流も描きます。



    ヴェネツィアで北方経由の油彩が発達したのは、海上都市であるがゆえに湿度が高くフレスコ画が適さなかったためともいわれています。


    ジェンテーレ・ベッリーニ「サン・マルコ広場での聖十字架の行」
    いつもルネサンス期の背景作画に苦労している身にとっては、ヴェネツィア派の画家は当時の流行風俗や実景を多く作品に残しており、彼らの作品自体がもっとも有用な参考資料となるのでありがたい限り。



    ヴィットーレ・カルパッチョ
    「聖十字架遺物の奇跡」
    前回は15世紀当時のサン・マルコ寺院を描くのにジョヴァンニの兄・ジェンテーレの作品を、今回は石造りになる前の木造のリアルト橋を描くのにジェンテーレの弟子筋であるカルパッチョの作品を参照しました。よくぞ描いてくれていた、という感じです。

    カルパッチョは風景だけでなく服飾の描き分けも細かく、ヤマザキさんは著書『偏愛ルネサンス美術論』の中で「男の子のタイツを描くのが大好き」と記しています。当時は男女ともこうした絵画からヴェネツィア最新の流行を知り、自分の着こなしに取り入れていました。彼らの作品は現在のファッション雑誌の役割も負っていたのです。
    現在のリアルト橋(とり撮影)

    「芸術新潮」7月号巻末にはヤマザキマリさんと池上英洋先生の北方ルネッサンスに関する対談も載っています。ルネッサンスの画人と日本のマンガ家の対応が面白い。江口寿史さんはボッティチェッリ、とりはウッチェロ、水木しげる先生はヒエロニムス・ボス?



    2019年6月19日水曜日

    「世界ふしぎ発見!」にヤマザキマリさん出演

    6月29日21:00からのTBS「世界ふしぎ発見!」に、ヤマザキマリさんが解答者として出演します。今回のテーマは「噴火したのは秋だった? ポンペイの歴史が覆る」で、ヴェスヴィオス噴火日の新説を検証。この番組では過去何度もポンペイを取りあげていますが、今回はプリニウスの命日が変わってしまうかもしれません。というわけで『プリニウス』も番組内で紹介される予定です。はたしてヤマザキさん、全問正解なるか?


    2019年6月14日金曜日

    GQ版遠くへいきたい第33回(最終回)


    GQ版 とり・みきの『遠くへいきたい』最終回です。1年半ご愛読ありがとうございました。なおフリースタイル誌面での連載はまだ続くと思いますので今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

    プリニウス第58回「コルブロ」がくらげバンチで公開

    くらげバンチにて ヤマザキマリ+とり・みき『プリニウス』第58話「コルブロ」が無料公開になりました。人望を集めた将軍コルブロ、そして後の皇帝であるティトゥスが登場します。

    内容の詳細については「新潮」掲載時のこちらのリリース情報をご覧ください。

    2019年6月13日木曜日

    山下達郎PERFORMANCE 2019ツアーグッズイラストを担当

    キーボード担当・難波弘之さんの治療入院で開始が遅れた山下達郎さんのLIVEツアー「 山下達郎PERFORMANCE 2019」ですが、めでたく6月14日の岩手県民会館の公演よりスタートすることになりました。難波さんとは個人的なおつきあいもあり心配しておりましたが、大事なくてよかったよかった。

    さて今回のツアーグッズにもとり・みきの描き下ろしイラストが数点使われております。写真はドリーミンマシュマロ、ふきだし付箋、ポチ袋。


    またタツローくんキャラを元にしたミニヌイグルミも販売されています。LIVE会場他、山下達郎 ONLINE SHOPでもお求めになれますので、ぜひ。

    2019年6月7日金曜日

    プリニウス第59回「コリントス」

    「新潮」7月号発売されました。ヤマザキマリ+とり・みき『プリニウス』は第59回「コリントス」

    古代ローマファンには有名なウェスパシアヌスのあくび事件、そしてコルブロへの自死勧告が描かれます。

    ネロがジャイアンリサイタルを開いているのは天馬ペガサスもその水を飲みに来たというコリントスの「ピレーネの泉」です。現在も遺跡には水が湧き出ています。

    コルブロは暗殺計画に絡んだとしてネロの怒りを買い、コリントスの港に到着するやいなや(ネロは会うことなく)その場で自死勧告が伝えられたとする記述もありますが、本作品のネロはコルブロの関与には懐疑的で自ら会って真偽を問いただそうとします。(作者の片割れがいうのもなんですが)いかにもヤマザキさんらしいネロの造型です。

    コルブロの最期の言葉は謎めいていて今に至るも様々な解釈がなされています。そして数巻にわたり交互に描かれてきたネロとプリニウスがいよいよ再会します。

    2019年5月26日日曜日

    2019年5月10日金曜日

    プリニウス第57回「ミトラス」がくらげバンチで公開

    プリニウス第57回「ミトラス」がくらげバンチで無料公開されました。

    ロドス島に上陸した一行を待ち構えていたものとは……

    この回登場のミトラス神、中東起源で西に行ってはローマ帝国の太陽神となり、東へ伝わっては弥勒菩薩となったともいわれている(この辺は諸説あり)不思議な神です。欧州へ伝わった牛を屠るミトラス像はイヌ・サル・キジならぬイヌ・ヘビ・サソリ・カラスが必須アイテム。

    ちょうど明日5/11放送の番組で、この伝播の軌跡をヤマザキマリさんがたどります→ NHKドキュメンタリー - シルクロード・美の回廊Ⅱ「"微笑み"がきた道」