since2008. 2017年からはtorimiki.comにUPしたBLOG, NEW RELEASE & BAND情報を時間差で時系列順にアーカイヴしています

2018年7月30日月曜日

10/8 北鎌倉落語会に再びとりマリ出演

    会場:北鎌倉円覚寺佛日庵
    日時:2018年10月8日(月)体育の日  13:00開場/13:30開演
    料金:4000円 当日払い(円覚寺の入山料300円が別途かかります)
    出演:春風亭昇太、山田雅人 、水道橋博士とコラアゲンはいごうまん、とりマリ(とり・みき、ヤマザキマリ)
この会はおかげさまで満席御礼となりました。ありがとうございました。現在はキャンセル待ちを受け付けております

2018年7月26日木曜日

GQ版 遠くへいきたい第12回

GQ版 遠くへいきたい第12回が更新されました(一日遅れたのは作者の入稿が遅れたためではありません。たぶん台風のせい。

これから夏休みで猛暑下のイベントも多いでしょうが、各地のゆるキャラの中の人のご無事をお祈り申し上げます。

2018年7月21日土曜日

フリースタイル39

「フリースタイル39」が発売されました。とり・みきもいつものように『Anywher but Here / 遠くへいきたい』2本を描いています(GQ版とは重ならないオリジナルです)。

特集は小林泰彦さんのインタビュー。山本直樹さんの「『レッド』終わりました」、山上龍彦さんの「続・大阪弁の犬」なども掲載されています。

2018年7月18日水曜日

8/11とりマリトーク@下北沢B&B のお知らせ

7/9に発売された『プリニウス』第7巻(新潮社)に続き、7/19にはヤマザキマリさんの『オリンピア・キュクロス』第1巻(集英社)も発売。その刊行を記念して、8月11日土曜日19:00~、下北沢の書店「B&B」で、とりとヤマザキさんによる「古代ローマ vs 古代ギリシア」と題されたトークショーを開催いたします。


   


  • 出演 :ヤマザキマリ(マンガ家)とり・みき(マンガ家)
  • 日時 :8/11(土)19:00~21:00 (18:30開場)
  • 場所:本屋B&B 東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F→MAP
  • 入場料 :前売1,500yen + 1 drink 当日店頭2,000yen + 1 drink
  • 予約はこちらから

取材中のヤマザキさん

当日はとりが撮影してきたギリシャ取材の映像なども交えて、両作品の違い、取材時のエピソード、古代地中海世界の魅力などを語ります。詳しくはB&Bのサイトもご参照ください。

プリニウス第51回

本日は『プリニウス』第51回掲載の「新潮45」8月号の発売日です。


今回は全編ローマが舞台。放火の真犯人を追うポッパエアと警察長官サビヌス。そのポッパエアの新たな懐妊がわかりごきげんなネロは、周囲の焦燥をよそにポンペイウス劇場でジャイアンリサイタル(表向きは競演会=コンペなのですが)を開きます。
ポンペイウス劇場そのものは現存していないのですが、ローマはほぼ同構造の劇場をイタリア各地のみならずヨーロッパや中東、アフリカの属州主要都市にも建設しており、保存状態のよいものはいまもコンサートやイベントに利用されています。


ローマは不穏な情勢の中それでも再建中。大火後は防災のため道幅を拡げ、インスラは上のような木造部分を廃して高さを制限(ネロの命とされています)した低層の頑丈なタイプが主流になっていきました。

(なんだか大河ドラマの後の歴史コーナーみたいになっとる)

2018年7月13日金曜日

GQ版 遠くへいきたい第11回

GQJAPANの「遠くへいきたい」第11回がUPされました。決勝を前にして今回もまたまたワールドカップネタです。

決勝トーナメントの試合はいずれも目を離せない面白さ。決勝のクロアチア対フランスも今から楽しみです。加えて会期中いつものことではありますがウィンブルドンまで始まってますます寝不足が加速中……。

2018年7月10日火曜日

山下達郎さん「ミライのテーマ」MVでタツローくんを3Dアニメ化

とり・みきが山下達郎さんのオフィシャルファンクラブの会報「タツローマニア」にかれこれ四半世紀以上連載している4コママンガ『タツローくん』。このキャラクターは、これまでにも達郎さんのベスト盤CD『OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜』のジャケットやツアーグッズなどにフィーチャーされていますが、今回なんと新譜『ミライのテーマ』のミュージックビデオとして初?アニメ化されました。


以下、ワーナーミュージック・ジャパン山下達郎特設サイトから引用。

この度、映画のオープニングテーマである「ミライのテーマ」のミュージックビデオが完成した。元々は漫画家とり・みき作画によるキャラクターで、山下達郎ファンの間で広く認知され愛されている、"タツローくん"を3Dで初映像化。今まで山下達郎作品のジャケットなどで、イラストでしか登場がなかった"タツローくん"が初めて動くという、新たな試みの作品となった。
7月11日発売となるシングル「ミライのテーマ/うたのきしゃ」の通常盤のジャケットにも登場する"タツローくん"がジャケットを飛び出し、明るくポップな「ミライのテーマ」に合わせてバイクにまたがり疾走し、さらには街を走る冒険を展開。温かみとアナログ感のあるイラストを背景に横スクロールの画面を左から右へ進んでいくという、ゲーム的でもあり、映画『未来のミライ』ともどこかリンクした内容となっている。
新たな曲の魅力を引き出すキュートでポップな映像を是非ご覧あれ!

「初?」と書いたのは、以前『クリスマス・イブ』のスポットCMで、首振り&ストローク程度に動くタツローくんはテレビにお目見えしたことがあるからですが、今回は最初から最後まで軽快に動きまくります。キャラデザイン当事者がいうのもなんですが、可愛いです。
7/11よりiTunes / Apple Music にて限定先行配信スタートとのこと

2018年7月9日月曜日

『プリニウス』第7巻発売


本日7/9はヤマザキマリ+とり・みき『プリニウス』第7巻の発売日です。各電子書籍も同時配信になります。

7巻目は西暦64年7月19日に起きたとされるローマ大火から始まります。そのあとのローマパートでは、その灰燼に帰した都市で起こる様々な人間模様……避難民の混乱、放火の真犯人捜し、ネロ暗殺計画、ユダヤ資本と異教徒を交互に利用するティゲリヌス、間に立つセネカの苦悩などが描かれます。

一方、アフリカの砂漠を旅するプリニウス一行は、砂嵐に遭遇したり、ピラミッドで迷路やワニに翻弄されたり……。収録された各エピソードについては以下のスレッドもご参照ください。

https://twitter.com/plinivs/status/1015657334876434432