since2008. 2017年からはtorimiki.comにUPしたBLOG, NEW RELEASE & BAND情報を時間差で時系列順にアーカイヴしています

2018年9月23日日曜日

映画秘宝11月号に石塚運昇さん追悼記事

映画秘宝11月号に短めですが石塚運昇さんの追悼記事を書いております。

時間と字数がなくてホレイショのことまで詳しく書けなかった。もちろん外国テレビシリーズでは氏の代表作(役)といってよいですね。CSIファンの皆様すみません。

2018年9月22日土曜日

GQ版 遠くへいきたい第15回

GQ版『遠くへいきたい』第15回が更新されております。

本来先週が更新予定日でしたが、担当のうっかりおじさんが一週間違えていただけで、とり・みきの原稿が遅れたせいではありません(為念)。まあそういうこともある。太く鷹揚に。でもいちおう断っとかないと疑われるからな。

2018年9月18日火曜日

プリニウス第53回

『プリニウス』第53回掲載の「新潮45」10月号は本日発売です。雑誌は杉田某の擁護特集で炎上しておりますが、まあ炎上するのも無理はない。当該人物の記事には一切共感できない。

とばっちりがこっちにも飛んでくるが、しかし雑誌は色んな立場や主義主張の異なる者が書いているからこそ「雑誌」。同じ雑誌に描いているからといって「ひとかたまりの集合概念で同一視して個を見ない」のは、それこそああいう連中と同じ過ちだと思うぞ。こちらはただただ迷惑しておる。

というわけで、騒ぎをよそにマンガは粛々と続きます。今回はローマではポッパエアの死と大々的な葬儀、アレクサンドリアでは当時の驚くべきテクノロジーを描きます。

懐妊中のポッパエアの死の真相については様々な説があります。ネロに蹴り殺されたとか、毒殺されたがその真犯人はネロだった、という説もある一方で、ネロは愛妻家であり、彼女の死は事故死に近かった旨の説をとる歴史家もいます。葬儀は盛大に行われ、その遺体は当時の慣習だった火葬にはされず、防腐処理を施されてアウグストゥス廟に埋葬されたと伝えられています。ヤマザキさん描く臨終の表情に、これまでの彼女の色んなシーンがフラッシュバック。

かたやアレクサンドリアでは神殿の自動ドアや、聖水の自動販売機に一行が驚きます。これらは前々回に登場した「アイオロスの球」同様、水や蒸気の御者であったアレクサンドリアの工学者・ヘロンの発明といわれています。

ヘロンについては昔『とり・みきの大雑貨事典』所収の「自動販売機」というエッセイに書いたことがあったのですが、そのときはまさかこの時代のマンガを描くことになるとは思わなかった。長いスパンの意図せぬ予告篇。

ちなみに神殿に鎮座しているのはエジプトとギリシアの習合神であるセラピス神です。

特撮秘宝vol.8「特撮の悪役」

本日9/18発売の「特撮秘宝vol.8」で、錚々たる方々に混じってとり・みきも「特撮の悪役」アンケートに参加しております。

「特撮の悪役」といわれても幅が広すぎるので、それぞれの方の解釈や回答も大変なことになっている。集計よりも、むしろ読み物として読んでください、ということでしょう。

僕はどうも怪獣や宇宙人には人間の概念の「悪」があるとは思えないので、ほとんど人間の悪役ばかりになってしまいました。同じ人物を上げている方を見つけると、ちょっとうれしくなったりしますね。他の企画も充実。

2018年9月17日月曜日

冨田勲メモリアルコンサート

冨田勲メモリアルコンサートに行ってまいりました。色んなトラブルやハプニングがありましたが、大事に至らずなにより。

こうしたコンサートでは自分が聴きこんでいる好きな曲ほど、演奏に求めるハードルやディテールが高くなるのは仕方のないことですが、全体としては楽しめました。そもそも楽譜が残っておらず、採譜と再スコア化から始めなければならなかった作品も多かったとのこと。しかし、この歳になって前川陽子さんの生歌が聴けるとはまさか思っていなかった。眼福耳福。


左より出渕裕、ゆうきまさみ、ヤマザキマリ、とり・みき
フィナーレの『マイティジャック』はリアルタイムでは熊本でネットしてくれなかったので、会場で合唱していた同世代の特撮ファン達のような想い入れが足りず今更ながら残念。でも当時は見たくて見たくて、放映がないのを呪いながらグラビアを集めたり秘密基地のプラモデルを作ったりしていたのでした。もちろん後年まとめて見ることになるのですが、後追いだと時代や享受年齢による昂揚感や熱量みたいなものはどうしても共有できない。

会場では友人や古い知り合いと出会う率高し。終了後の旧知の面々との久々のダベリも楽しかった。というわけで話題のあの方のお花の前で記念撮影。マンガ家はこういうところがどうもふざけてていけません。

2018年8月29日水曜日

ユリイカ 総特集◎山本直樹

本日発売の「ユリイカ2018年9月臨時増刊号 総特集◎山本直樹」に寄稿しました。


山本直樹ロングインタビュー、対談:×会田誠  ×黒田硫黄、寄稿:江口寿史/とり・みき/内田春菊 大野安之 奥浩哉 町田ひらく ふみふみこ ゴトウユキコ 後藤まりこ ジョニー大蔵大臣 他

2018年8月25日土曜日

リ・アルティジャーニ第15回


「芸術新潮」9月号は本日発売です。ヤマザキマリ+とり・みき『リ・アルティジャーニ』は第15回。若きアントネッロはリアルな北方絵画の技法に驚きます。

今回は夕刻の話ということで、全体的にオレンジのトーンで統一。

2018年8月24日金曜日

GQ版 遠くへいきたい第14回

GQ版 とり・みきの『遠くへいきたい』第14回更新されました。

70年代後半から80年代初頭にかけての、とくにSFファン方面の共通素養として「落語」「ジャズ」「格闘技」というのがあったよな……と(青臭く融通の利かないスノビズムやペダンティズムとともに、ですけど>当時の自分含む)。それぞれのジャンルは一時衰退しながらも今も活況を呈してるわけですが、今はもうファンがかぶったりはしてないのかな。どうなんだろう。

などという回顧話はマンガとは一切関係ありません。