since2008. 2017年からはtorimiki.comにUPしたBLOG, NEW RELEASE & BAND情報を時間差で時系列順にアーカイヴしています

2019年7月12日金曜日

プリニウス第59回「コリントス」がくらげバンチで公開


『プリニウス』第59話「コリントス」がくらげバンチにて無料公開になりました。有名なウェスパシアヌスのあくび事件と、将軍コルブロへの自死勧告が描かれます。

コルブロの処分に悩む皇帝

2019年7月10日水曜日

日経夕刊 「吹替映画の変遷史」第二回

「『声優』という言葉......黎明期から活躍されてきたベテランの方々にうかがうと、この呼び方には最初は当惑、もっといえば反発を感じたと話される方が多い」

本日の日経夕刊 とり・みき「吹替映画の変遷史」第二回目です。NHKの朝の連続ドラマ「なつぞら」ではちょうど吹替初期の様子が描かれている最中ですが、併せてこちらもお読みいただければ。

☞第1回 試行錯誤の時代 テレビが「声」の需要生む

7/26 LiveWire小松左京追善トークに登壇します

今月のEテレ「100分 de 名著」では小松左京スペシャルが放送中ですが、7月26日(金) に新宿のLiveWireで行われる「SFなんでも箱」スペシャル企画:小松左京命日追悼『沈没忌』~小松左京超濃厚トーク〜(長いね)に堺三保さん吉田隆一さんとともにとり・みきも登壇いたします。リンク先のページからふるってお申し込み下さい(当日参加も可)。

当該ページのイラストはかつてとりが小松マガジン用に描いたもので、現在は小松左京ライブラリのロゴになっています。なお、残念ながらレギュラーの池澤春菜さんの出演は今回ありません。おじさんばかりで本当に申し訳ない。

2019年7月5日金曜日

プリニウス第60回「ケシ」


「新潮」8月号はいつもより2日早く本日7/5発売です。ヤマザキマリ+とり・みき『プリニウス』は第60回「ケシ」。何巻かに渡って交互に描いてきたプリニウスとネロがコリントスでついに再会します。狂気を帯びた皇帝と冷静な博物学者ほぼ二人きりの大芝居をご堪能ください。ヤマザキさん描く刻々と変わるネロの表情が見所です。


プリニウスとネロが会うのはコリントス中心部にあったアポローン神殿で、遺跡が現存するギリシャ神殿では最も古いものの一つです。といっても残っているのは土台と柱7本だけなので内部の描写は想像(やや盛り気味)ですけど......。

アポローンは芸能の神であり太陽神ヘリオスとも習合されました。音楽を愛し、自分を太陽神と見なした巨大なコロッススを建設中のネロにとっては、まさに自分と一体化した神であり、その神像を背負うことでプリニウスを威圧すべくここを再会の場に選んだのでしょう。しかし、博物学者はロドス島で巨大太陽神の残骸=なれの果てを見てきたばかりだったのです。

2019年7月3日水曜日

日経夕刊で「吹替映画の変遷史」スタート

7/3付の日経新聞夕刊でとり・みきの「吹替映画の変遷史」(毎週水曜5回連載)が始まりました。テレビ初吹替から現在の劇場日本語版まで、駆け足ですが吹替の通史をおさらいします。

過去に書いたことと重なる部分もあるかと思いますが、こういう「通史」というのは時間を置いて繰り返し書いておくべき(読者の世代が入れ替わるので)と思い、あらためて。駆け足なので人名作品名は多くは入れられませんが、俯瞰して気づいた新見解なども加えてありますのでぜひお読みください。

第1回  試行錯誤の時代 テレビが「声」の需要生む

2019年7月1日月曜日

新録版『 マッドマックス 怒りのデス・ロード 』上映イベントに登壇します

マックス/宮内敦士、イモータン・ジョー/安原義人 フュリオサ/本田貴子によるザ・シネマ新録版『 マッドマックス 怒りのデス・ロード 』無料イベント上映(8/4)にとり・みきも登壇致します。詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。


2019年6月26日水曜日

くまもと文学・歴史館「梶尾真治の世界」

7月18日よりくまもと文学・歴史館「梶尾真治の世界」の展示が始まります。チラシ・ポスターの似顔イラストをとり・みきが担当しました(梶尾さんのツイッターアイコンにも使っていただいております)。近隣の方はもちろん、県外の方も夏休みにお出かけになっては。夏の熊本はいいぞ(暑いけど)

2019年6月25日火曜日

リ・アルティジャーニ第19回


本日6/25発売の「芸術新潮」7月号は萩尾望都大特集。

「大」がつくのにふさわしい特集で、萩尾ファンならずともマンガファンなら必読、在庫がなくならないうちにマストバイでありましょう。詳しくはリンク先の7月号内容紹介をご参照ください。



ヤマザキマリ+とり・みきの『リ・アルティジャーニ』は第19回。ジョヴァンニ・ベッリーニはヴェネツィアで新しい画材(油彩)や新しい技法と格闘、パドヴァ派との交流も描きます。



ヴェネツィアで北方経由の油彩が発達したのは、海上都市であるがゆえに湿度が高くフレスコ画が適さなかったためともいわれています。


ジェンテーレ・ベッリーニ「サン・マルコ広場での聖十字架の行」
いつもルネサンス期の背景作画に苦労している身にとっては、ヴェネツィア派の画家は当時の流行風俗や実景を多く作品に残しており、彼らの作品自体がもっとも有用な参考資料となるのでありがたい限り。



ヴィットーレ・カルパッチョ
「聖十字架遺物の奇跡」
前回は15世紀当時のサン・マルコ寺院を描くのにジョヴァンニの兄・ジェンテーレの作品を、今回は石造りになる前の木造のリアルト橋を描くのにジェンテーレの弟子筋であるカルパッチョの作品を参照しました。よくぞ描いてくれていた、という感じです。

カルパッチョは風景だけでなく服飾の描き分けも細かく、ヤマザキさんは著書『偏愛ルネサンス美術論』の中で「男の子のタイツを描くのが大好き」と記しています。当時は男女ともこうした絵画からヴェネツィア最新の流行を知り、自分の着こなしに取り入れていました。彼らの作品は現在のファッション雑誌の役割も負っていたのです。
現在のリアルト橋(とり撮影)

「芸術新潮」7月号巻末にはヤマザキマリさんと池上英洋先生の北方ルネッサンスに関する対談も載っています。ルネッサンスの画人と日本のマンガ家の対応が面白い。江口寿史さんはボッティチェッリ、とりはウッチェロ、水木しげる先生はヒエロニムス・ボス?