since2008. 2017年からはtorimiki.comにUPしたBLOG, NEW RELEASE & BAND情報を時間差で時系列順にアーカイヴしています

2018年11月22日木曜日

『プリニウス』の連載再開が決定


『プリニウス』はこれまで「新潮45」で連載を続けていましたが、同誌の休刊を受け「新潮」にて連載を再開することとなりました。また今後は「新潮」掲載後、一定の期間をおいて、WEBマンガサイト「くらげバンチ」でも各話をUPしていく予定です。

【作者のコメント】

――ヤマザキマリ

漫画家になるずっと以前、イタリアで画学生をしながら母親に時々送ってもらっていた文芸誌のひとつがこの「新潮」でした。絵と文章が、まだ自分の中では表現として繋がっていなかった頃のことです。若かった私はイタリアの文学者達に日本文学についての無知を指摘され、安部公房や三島由紀夫を始めとする様々な作家の書籍を日本から送ってもらっては、貪るように読みました。その時に受けた強烈な知的触発が、文章から画像を生み出していくという現在の私の漫画技法の礎となっています。 「新潮45」の休刊は唐突な顛末ではありましたが、これはこれで有り難いご縁だったと受け止め、プリニウスの連載当初に抱いていた思いどおり、文芸という領域でも捉えていただけるような漫画作品を描いていくことができれば本望です。


――とり・みき
まずは再開かなって嬉しい。いち早くお申し出をいただいた編集部と、休載の間ご心配とご支援のお言葉をいただいた読者の皆様に感謝致します。自分は文芸誌であれ情報誌であれマンガ誌であれ、極端にいえばずっと「場所を選ばず」仕事をしてきました。なので今回も気負わず淡々粛々とこれまで通り続きを描くのみですが、とはいえ「新潮」初のマンガ連載だそうで、何であっても通念を塗り替えて顰蹙を買うのは横紙破り冥利に尽きます(そんな冥利があるのか)。


【「新潮」編集長・矢野優のコメント】
文芸誌は文明誌でもありたい――『プリニウス』連載で114年越しの願いが実現して幸福です。

2018年11月21日水曜日

手塚治虫生誕90周年

恒例の年末進行に諸々イレギュラーな仕事が重なり、おそらく今年いちばん身動きがとれない綱渡り状態の中、11月20日帝国ホテルで行われた手塚治虫生誕90周年記念会に行ってまいりました。手塚先生がまさにそういう人だったので許してください>お待たせ中の関係各位。

みなもと太郎さんと島本和彦さん
山下達郎さんの『アトムの子』を歌うアトムロボット、みなもと太郎さん、島本和彦さん、ヤマザキマリさん、士貴智志さん、中村光さん登壇によるマンガ家トーク、そして手塚眞監督の『ばるぼら』(主演:稲垣吾郎さん、二階堂ふみさん)発表と盛りだくさんな内容でしたが、なんといっても会場に集ったベテランから同世代、後進まで、多くのマンガ家さんとお話しできたのがいちばん楽しかった。

自分ももういい歳ですが、子供の頃から読んでいた先生方を眼前にすると、とたんにその頃に戻ってミーハーな気分になってしまう。


これはなんだろう。ヤマザキさんも「仕事で世間的には人気のあるタレントさんに会ってもまったくそうはならないのだが、自分が読んできた作家・マンガ家、聴いてきたミュージシャンを前にすると、一気に心ときめいてしまう」といっていましたが、それはたぶん、ご本人の「お名前」だけでなく、その人が作った作品世界もまた脳内に一瞬で拡がってしまうからでありましょう。心ときめくかどうかは、やはり自分の嗜好や感覚で選んで耽溺した、その人の作品あってこそです。


そうした世界を各自持っている人達が一同に会しているのですから、それぞれの読者だったこちらは大変です。


また、これは以前から思っていて当日もヤマザキさんとつくづく話したことですが、ベテランの(少なくともこちらがファンでお目にかかったことがある)マンガ家の人達は皆、謙虚で驕らない。えらそうにしていない。逆に当代の売れっ子である若手のマンガ家も、先達には敬意を持って接している。パワハラによるものでもなく下心もない、作品とそれを作った人への自然発生的な敬意。それは同世代のマンガ家の間でもそうです。


永井豪先生と藤子不二雄A先生の間に写り込むプリニウス作者二人
もちろん、こちらも年期が入っていますからマンガ界の暗黒面も数多く見てきてますが、こういうところはマンガ家ってピュアで健全だな、とあらためて思ったことでした。

とはいえ、この写真はどうか。それぞれもう、そこそこ名のあるマンガ家なのに、この素人ぶりはひどすぎる。

しかし、この催しで個人的にいちばん感慨深かったのは、秋田書店時代の初代と最後の担当編集者氏と再会したことかもしれません。二人とも手塚番でもあったので来ているとは思っていましたが。

当時の編集部では、手塚番はたいてい独身で、かつ新人担当を兼ねていました。通常1人の編集さんで作家2〜3人を担当するのですが、手塚番は下手すると週のうち5〜6日は手塚プロ泊まり込みになるので、帰宅はおろか、中堅やベテランのちゃんとした作家さんを並行して担当することがままならなかったからかもしれません。

当然、新人のこちらとのうちあわせは減るわけですが、しかし僕は悲惨な目に遇っている彼ら手塚番から漏れうかがう「マンガの神様」の実態に、当時は興味津々でした(それこそ暗黒面です)。神様に及ぶべくもありませんが、僕もまた担当氏には多大なる迷惑をかけ、かつトラブルも色々ありました。

もしかしたら当夜の再会も手塚先生のお導きだったのかもしれません。

2018年11月9日金曜日

2018年11月2日金曜日

フリースタイル40


「フリースタイル40」発売中です。


特集は「ポップとは何か」江口寿史×大根仁。田村信さんの「海で溺れた死にかけた」が抱腹絶倒、生還したので笑えるわけですが。山田宏一の「映画教室」第18回は「吹替えの映画史についての一考察」。

そして、とり・みき「Anywhere But Here(遠くへいきたい)」はGQ版とダブらず新規2本掲載。