since2008. 2017年からはtorimiki.comにUPしたBLOG, NEW RELEASE & BAND情報を時間差で時系列順にアーカイヴしています

2018年1月22日月曜日

とりマリ in 北鎌倉落語会@円覚寺佛日庵

撮影:錦織雅己

1月20日、北鎌倉お坊さんアカデミー主催の北鎌倉落語会「柳家喬太郎の独演会」にとりマリのデュオで出演してまいりました。

昨年めでたく真打ちとなられた立川志の八師匠と、当代もっとも多忙な落語家であろう柳家喬太郎師匠にはさまれての出演というのは、マリさんはわかりませんが、因果と落研在籍経験のある自分にとっては、数日前から胃の痛くなるようなプレッシャーでありました。

寄席でもトリの前は膝替わりと称して音曲などをいれますが、にしてもこのメンツでこの位置をとる分際でないのは誰よりも承知しております。加えてお客様の大半は両師匠目当てでしょうから、そこで歌など唄うのはアウェイ感半端ない。

撮影:植竹公和
幸い暖かいお客様、スタッフ、出演者のお気遣いでなんとか務めあげることができましたが、ちょっと時間押しを反省。でも心配とは裏腹に、喋りも演奏もやっててとても楽しゅうございました。

袖で両師匠の噺を聴けたのも至福の時間でした。この日喬太郎師の入りが若干遅れ、志の八師が枕で繋いだのですけど(こういうことは寄席や落語会では珍しいことではありませんが)その工夫も面白かった。喬太郎師はお風邪気味ながらもさすがの語り口。最初の「蒟蒻問答」は本物の禅寺で聴くとまた味わいが違いました。

さて、枕というかMCではさんざん落研時代の悪口を喋っていたのですが、終演後、会場に1年先輩の落研OB、Mさんのお姿を発見、冷や汗ものでご挨拶するはめに。Mさんは山形のご出身で、フォローでもヨイショでもなく怖い人だらけの落研の中にあってはとても優しい先輩でしたが、その暖かいお人柄はまったく変わらず。

撮影:錦織雅己

しかし、久しぶりに北鎌倉に行きましたが、山間の澄んだ空気が心地よかった。最後の写真は円覚寺境内で発見したお地蔵さんだかお坊さん付きの工事用コーン。

0 件のコメント:

コメントを投稿