since2008. 2017年からはtorimiki.comにUPしたBLOG, NEW RELEASE & BAND情報を時間差で時系列順にアーカイヴしています

2020年7月10日金曜日

プリニウス第69話「アケロン」がくらげバンチで公開

ヤマザキマリ+とり・みき『プリニウス』第69話「アケロン」がくらげバンチにて無料公開になりました。

かつて青春時代はオトとつるんでいたネロ。ポッパエアを寝取ったことも忘れたのか、今でもオトが裏切るはずはないと信じ込んでいるようです。

プリニウスは『博物誌』で「ネロは足の裏に香料をつける習慣があったが、それはオトから教わったものだそうである」と書いています。

このエピソードからも二人が昔は仲がよかったことがうかがえます。ポッパエア絡みで二人の仲は決裂しましたが、オトの前に決起したご老体ガルバもまた、かつてネロの母アグリッピナの求婚を断った過去があるなど(ネロは気にしていなかったようですが)、叛乱の裏には女性絡みの因縁が渦巻いているようです。

2020年7月9日木曜日

豪雨被害に遭われた皆様へ

令和2年7月の豪雨により被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

私自身、今回もっとも被害の大きかった球磨人吉地方で生まれ育ち、1965年の水害では床上浸水からの救助避難を経験しましたが、今回はそのときを上回る規模の災害になってしまいました。

現地からの中継で流れてくる、長年見知った街の変わりように言葉もありません。

これを書いている現在、まだ天候は不安定であり予断を許さない状況が続いております。避難されている方々、暑い中、また感染症の不安の中、復旧作業に従事されている方々のご無事を心よりお祈り申し上げます。

とり・みき拝

なお、とり宛にもご心配のお言葉をいただいております。ありがとうございます。現在は実家は人吉から住まいを移しております。また、親族も家屋・店舗は大きな被害を受けてしまいましたが無事を確認しております。

2020年7月7日火曜日

プリニウス第70回「アルティフェクス」

「新潮」8月号発売。ヤマザキマリ+とり・みき『プリニウス』は第70話「アルティフェクス」(=芸術家)。いよいよネロの最期を描きます。タイトルはネロの最期の言葉とされている "Qualis artifex pereo"より。



冒頭はカピトリーノのユピテル神殿。雷神が象徴するように、この日ローマ市内には暗雲が立ちこめ雷が鳴り響いていた、と文献は伝えています。

ネロの最期はスエトニウスによって詳しく記されており、後世のネロ伝もおおむねこれに拠っているのですが、スエトニウス個人の恣意的な脚色も大きい印象ではあります(あんたその場におったんかい、というような)。ともかくネロが最後に駆け込んだファロンのヴィラはサラリア(塩)街道方面にあったということで、一行は北東の門から脱出しています。


『プリニウス』では一応こうした文献を踏まえつつも、これまでネロと格闘してきたヤマザキさんならではのエンディングになっています。届いたヤマザキさんパートの人間のお芝居が鬼気迫るものがあり、とりの担当箇所や演出もそれに応えるべくふだんの倍近く作画に時間がかかりました。
これをもって9月発売予定の第10巻所収のラストエピソードとなります。

日経夕刊「プロムナード」で連載開始

日本経済新聞の夕刊エッセイ欄
「プロムナード」の火曜日を今月から半年間、担当することになりました。

WEB版でも読めますが登録は必要です(無料登録でも月10本までの記事が読めるようです)。こちらが第1回「コロナ禍中のマンガ家」

2020年7月3日金曜日

日光仮面

コロナ禍中、ご多分に漏れず部屋の片づけ(それまで仕事と日々の雑用に追われ長年未整理だった部分までこの機に出来たのは、まあよかった)をやっていたら、こういうものが出てきましたよ。



描いたのは模写ネタからして小6から中1の頃か? 「日光仮面」という主人公の、ろくにストーリーもないマンガですが、ページごとに既存のマンガ家のパスティーシュになっている。ていうか模写がしたいのがメインで話はどうでもよかった、という感じですね。しかしその後プロになってもやってることは全然変わっていない。進歩がない。

2020年6月25日木曜日

リ・アルティジャーニ第25回

「芸術新潮」7月号発売中。特集は鳥獣戯画。ヤマザキマリ+とり・みき『リ・アルティジャーニ』は第25回。

ヴェネツィアから時を戻してレオナルド修業時代のフィレンツェへ。公証人をしていた父親に呼び出されたレオナルドは若きアントネッロを紹介され「あの絵」と出逢います。舞台は父の事務所があったバディア・フィオレンティーナ教会。



アルティジャーニはフィレンツェ、ナポリ、ヴェネツィアで色彩設計のトーンを少しずつ変えています。フィレンツェは上空からだと屋根瓦のせいで朱色っぽい街に思えるのですが、街を実際に歩いた地上目線では全体的に緑(灰緑)っぽい印象。レンガや漆喰がそういう色なのです。写真は2015年取材時。

2020年6月18日木曜日

:∴∵:∴∵:∴:∵∴

黙々と点描:∴∵:∴∵:∴:∵作業中


『プリニウス』はアナログとデジタルのハイブリッド。ミニチュア+CGという今の日本特撮の感覚に近いかも。